red medicines

トリコモナスは打つ手なし

セックス以外で感染してしまう性病はまだ存在します。しかも、また女性が感染してしまいやすい性病です。その性病はトリコモナスといって、同性から同性へ感染をしてしまいやすい性病です。
トリコモナスは水気の多い環境では活発に繁殖していきます。なので水気を含んでいる女性器は繁殖するには打って付けの環境なんです。逆に乾燥した場所では繁殖力も無く、生きることも出来ません。なので普通は体外に出されてしまうと、そのまま死んでいくのですが、体外に出されても水気の多い環境ではしばらく生き続けることが出来るのです。なのでトリコモナスは銭湯や公衆トイレで感染をしていきやすい性病です。セックスで感染するのであればコンドームなどで予防対策をすることは出来るのですが、銭湯などで感染するというのであれば予防のしようがありません。そういった場所へ行かないようにするしか対策は出来ないでしょう。なので、感染に気付いたらすぐに治療するというのが1番現実的な解決策です。
この性病に感染をしてしまうと、臭いが強い黄色く泡立ったおりものが出るようになります。他には膣内などに強い痒みが表れます。なので感染にはすぐに気付けるはずです。
トリコモナスには潜伏期間があって、その期間は約10日ほどです。トリコモナスはこの10日の間に膣内環境を悪化させていくのです。通常の膣内は悪玉菌の繁殖を乳酸菌が抑制してくれています。しかしトリコモナスに感染してしまうことで、この膣内の環境を崩してしまうのです。
予防のしづらい性病ではありますが、十分に注意をしていきましょう。