red medicines

カンジダは常在菌

性病はたくさんありますが、性病だからといって全てがセックスによる原因であるとは限りません。性病によってはセックス以外から感染をしてしまうものがあります。それはカンジダです。カンジダはセックスを1度もしたことがないという人でも発症をしてしまう性病なんです。特に女性が発症してしまいやすい性病です。
カンジダは誰もが最初から体の中に持っている常在菌です。普通はカンジダの菌は繁殖されないように抑制されているのですが、風邪などで体の免疫力が落ちている時に繁殖をしてしまう場合があります。しかし、男性はほとんど発症をすることはありません。女性の場合は膣内が繁殖をしやすい環境なため、発症してしまう危険性は男性よりもあります。ですが、男性であっても包茎の人は菌が繁殖してしまいやすいので、カンジダを発症してしまう危険があります。
カンジダに発症をしてしまうと、女性の場合は外陰部や膣内がとても痒くなり、おりものが白くぽろぽろしたものへと変わります。もしくはヨーグルトのようなおりものになります。性交痛なども引き起こされるようです。
カンジダの症状を治療するためのお薬は自分で購入することが出来ますが、非常にデリケートな部分の症状なので、まずは病院で診察を受けたほうがいいでしょう。自分で勝手に間違った判断をして治療を初めてしまうのは危険です。
カンジダという性病を予防するためには、性器を清潔に保つことが重要です。といっても膣内を石鹸で洗うというわけではありません。膣内には膣内を清潔に保つ菌も住んでいるので、絶対に石鹸で膣内は洗ってはいけません。逆効果になりますよ。